---------- サイトメニュー --------------------------------------------------------------

トップ(ホーム)インズウェブの一括見積もり 保険スクエアbang!の一括見積もりカービュー

一番安くなるのはどこ?


自動車の保険が一番安くなる保険会社は誰でも同じではありません。

走行距離の少ない方が安くなる VS 走行距離では差が出ない
ゴールド免許が安くなる VS 免許の色では保険料が違わない
ネット割引が大きい VS ネット割引は無いが安全装置などが充実

このように加入者の条件よって安い所がそれぞれ違ってくるのが通常です。
あなたの条件でどこが一番安いのかを正しく、しかも早く知るには一括見積もりに限ります。

インズウェブの一括見積もりの「最大20社」は、同種サービスの中で最多です。
一番安い保険を探すのなら、最多の社数から後悔の無い絞込みができるインズウェブが適しているかも知れません。

一括見積もり利用者の体験談


数ある保険会社から個別に見積りを取り比べるのは膨大な時間と労力を要します。

『保険の窓口インズウェブ』の自動車保険一括見積りなら、
最大20社を比較することができ納得の保険選びが可能になります。

あなたの自動車保険を選ぶポイントはどれですか?

保険料を安くしたい/事故のときの面倒な手続きを減らしたい
やっぱり補償を重視したい/事故対応の良いところにしたい
無料のロードサービスを重視したい

ネットでの見積りがちょっと不安だと思う方、
まずはサービス利用者の体験談をご覧ください。


利用者の体験談はこちら こちら インズウェブ一括見積もり利用者の体験談

自動車保険 一括見積もりでの比較の例


自動車の維持費の中で[自動車保険]はかなりの負担になっています。
保険代理店経由だと年間10万円を超える保険料も珍しくないかも知れません。

これほどの高額の買い物なのに、ディーラーなどのほとんど言いなりに加入してしまうのはなぜでしょうか。

1998年の完全自由化の前までは各社ほとんど横一線で選択の余地がありませんでした。
今では、条件によっては2倍以上の保険料の差がある24社もの損保会社が競争をし、その中から最適のものを選ぶことができるようになりました。

自由化前の自動車保険業界は加入者が保険について賢くなることを嫌っていたのかも知れません。
毎年1回必ず必要な高額の買い物を、内容もよく知らずに買い続けるというのは保険以外ではあまり無い話です。

今でもネットでは「通販は自分で勉強しなければなりませんよ」というようなコメントが目立ちますが、毎年の高額買い物を勉強しないで行なう方がおかしいのではないでしょうか。

一括見積もりが横並び自動車保険のマインドコントロールから抜け出すきっかけになるかもしれません。

もちろん、「安い」だけでなく事故時の対応やサービス内容もご検討するにあたり重要な要素です。
料金とサービスのバランスをしっかり比べ、横並び保険とは決別したいものです。


身近で「プロ代理店」が見つかりますか?


通販自動車保険のテレビコマーシャルが毎日頻繁に流され、まるでダイレクト系の自動車保険の日本におけるシェアが急拡大しているかのような印象を持ちますが、現実には、ダイレクト系自動車保険のシェアはまだ10%に達していないはずです。

ネットを見ればわかりますが、従来の保険代理店関係の方々でしょうか、「安い保険は事故の時安心できない」「詳しくなければ通販は危ない」などと、カウンターインテリジェンスに一所懸命のようです。

通販型自動車保険の意義は、業界の90%を占める副業アマチュア代理店が販売して来た従来の任意保険の市場に、代理店手数料(保険料の20%)などの中間コストを省いた画期的な価格のダイレクト販売自動車保険を提供したことではないでしょうか。

自動車ディーラーはクルマのプロですが保険のプロではありません。

「代理店は事故のときに駆けつけてくれる」という根拠のないコメントもありますが、クルマのセールスの方が駆けつけて何をするというのでしょうか。

プロ代理店なら頼りになるかもしれませんが、でも代理店によるあっせんや仲介は法令違反なのです。しかも、深夜や土日はどうなのでしょうか。24時間365日対応の代理店など聞いたこともありません。

一部のプロ代理店経由の場合を取り上げて、「代理店型の方が安心」というのは欺瞞に近いというべきでしょう。

通販型の電話による24時間365日受付の「初期対応」の方が安心感という点でははるかにましなのではないでしょうか。

※初期対応…事故直後の状況聞き取り・アドバイス、病院、警察、修理工場への連絡・手配

中には、「良いプロ代理店を見つけるのがポイント」という正直なコメントもありますが、身近に専業のプロ代理店が無い地域の方々はどうすればいいのでしょうか。

そもそもそんな代理店による当たり外れの大きい商品(品質の違う商品)を一律の価格で販売していることに大きい問題があるというべきでしょう。

通販の自動車保険は、代理店型の高い自動車保険は必ずしも「安心料」で高くなっているのではないことをしめし、中間コストが無い場合の「適正価格」を私たちに教えてくれたと思います。


=軽自動車のお得な話=
軽自動車の個人売買のコツは、売る方も買う方もメリットを出すと言うことです。
そのために相場についてはしっかり確認した方がいいでしょう。


Copyright © 自動車保険 2台目の時が見直しのチャンス All Rights Reserved.